イラストレーターへの道

イラストレーターとは?現代のイラストレーターには、働き方の違う2種類のタイプがある

イラストレーター

こんにちは。
mone(@mone_creator)です。

pon
pon
イラストレーターになりたい!!
と漠然と思っている人にこの記事を読んで欲しいと思っています。

漠然と思っている人の多くが、イラストレーターという職業が2種類あることを理解せずに、イラストレーターの道を歩き出そうとしています。
すると、本来ならやらなくていいこともしている状態なので、足並みは遅くなり、稼げないループにハマることも……。

今回の記事では、イラストレーターが2種類あって、「どちらのタイプに自分がなりたいのか……」という再確認のキッカケになればと思います。

この記事はこんな人にオススメ

  • イラストレーターになりたい人
  • イラストレーターの稼ぎ方を知りたい人
  • 自分のイラストレータータイプがわからない人

イラストレーターのなり方が知りたい人は、コチラの記事をご覧ください。
イラストレーターになるには?副業から始めた私の稼げるイラストレーターになるまでの道のり

イラストレーター
イラストレーターになるには?副業から始めた私の稼げるイラストレーターになるまでの道のり こんにちは。mone(@mone_creator)です。 クリエイター・ディレクター・アドバイザーをしています。元々デザイナーとして働...

イラストレーターとは

イラストレーターとは、自分の描くイラストをお金に変えていく職業です。
資格はありませんので、自分のイラストに対してお金を払ってくれる人がいれば誰でもなることはできます。

「誰でもなれる」と言ってはいますが、現在イラスト1本で生計を立てている人たちは、並々ならぬ努力や試行錯誤という土台の上でお仕事をしています。

イラストレーターになるのに、「この試験を受けてここで仕事をする」といった明確な答えがないので、過去問や参考書があり資格をとることで職に直結する職業よりも大変な部分があります。

今回、この記事を書こうと思ったキッカケは、トラノスケさん(@to_ranosuke)のコチラの記事を読んだことがキッカケ。

イラストレーターの作家ベースと商業ベース(note)

この記事のタイトルにあるように、イラストレーターには『作家ベースのイラストレーター』と『商業ベースのイラストレーター』がいます
ぜひ一度読んでみてください!!

トラノスケさんは、商業ベースのイラストレーターさんです。
かくいう私は、商業ベースから作家ベースに転向したイラストレーターです。
どちらも経験したことから言えることを、今回まとめています。

昔はイラストレーターのタイプは『商業ベース』の1つだった

実は、イラストレーターの歴史を知ると、自分が『商業ベースのイラストレーター』なのか、『作家ベースのイラストレーター』なのかわかってくるようになります。

元々イラストレーターは、「わかりにくいものをわかりやすくする」ために存在していました。
教育が平等でなかった時代、文字に頼らずとも全ての人が意味を理解するためにイラストが存在しました。
その後、『新聞』や『本』といった大量に刷る技術を手に入れたことにより、イラストの需要が一気に高まります。

その後現れたのが『ポスター』。
ここでイラストレーターという職業が広く知れ渡るようになります。
日本でも人気で多くの展示が行われるアルフォンス・マリア・ミュシャは、お芝居のために作成した『ジスモンダ』のポスターイラストで有名になりました。
ここで認識しておいて欲しいのが、「ミュシャは商業イラストレーターでもあった」ということです。

ですが、現代のミュシャへの認識は、「画家や作家」というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか?
実はミュシャは、現代でいう『復業』をしていた人です。
グラフィックデザイナーの顔もあり、イラストレーターの顔もあり、そして画家の顔もありました。

他にもいろんな要素があるとは思いますが、この画家とイラストレーターがごっちゃになってしまったことが、現代のイラストレーターという働き方が2タイプになってしまった要因になっているように感じます。

2種類のイラストレータータイプ

元々1つだった『イラストレーター』という働き方が、現代では2タイプになったことで、迷子が増えたことも事実。
どちらか一方を選ぶ必要はないんですが、自分がどちらを目標にしているかで起こさなければいけないアクションが変わってくるので、駆け出しの人は特に意識した方がいい部分になります。

ごっちゃになった要員の『イラストレーター』と『画家』を一括りにしてしまっているのを、あえて「別々の職業だ!!」と認識した上で紹介していきます。

このことを、トラノスケさんは『イラストレーター=商業ベース』『画家=作家ベース』とお話されています。
トラノスケさんのnoteはコチラから!!
イラストレーターの作家ベースと商業ベース(note)

イラストレーター(商業ベースのイラストレーター)

元々イラストレーターは、「わかりにくいものをわかりやすくイラストにする」ために存在していました。
この本来のイラストの役目を担うのが、商業タイプのイラストレーターです。

このタイプの人は、イラストレーターの中でも安定志向で、クライアントが喜ぶ顔・自分のイラストが世の中の役に立っていることに喜びを感じる人が多くいます。

主な収入源

主な収入源は、クライアントワークです。
クライアントの要望に答えて、適切なイラストを描くことで報酬を受け取ります。

ポスター、雑誌、本の表紙、商品のパッケージ、WEBサイトのメインビジュアル……。
本当にいろんなお仕事があります。

他にも、自動収入として柱の1つにできる『ストックイラスト』が挙げられます。
ストックイラストは、クライアントワークではありませんが、

こんなイラストを企業の人は欲しがるかも?
という仮想のクライアントを設定して描くことで、欲しいと思った人がイラストをダウンロードすることで報酬をもらう仕組みです。

『ストックイラスト』とは?ストックイラストのメリット・デメリット

ストックイラスト
『ストックイラスト』とは?ストックイラストのメリット・デメリットこんにちは。 mone(@mone_creator)です。 デザインもそうなんですが、イラストレーターのお仕事をしていると、お蔵入りす...

メリット・デメリット

イラストレーター(商業ベースのイラストレーター)のメリット・デメリットです。

メリット

  • 仕事の数が多い
  • 要望に沿えばクオリティに突出する必要がない
  • 収入が安定し易い
  • 仕事さえあれば特に有名になる必要がない
  • 駆け出しでもお金にし易い

デメリット

  • 描くものの自由度が低い
  • カットの仕事が多いので単価が低くなりがち
  • イラスト技術以外の部分の能力が重要
  • 市場も大きいが競合も多い
  • クライアントワークなので締め切りがある

引用元:トラノスケさんnote

商業イラストレーターになるのに大切なこと

商業イラストレーターで大切なのは、『デッサン力』と『営業力』『マーケティング力』と『ヒアリング』だと感じています。

市場が大きくても競合が多いので、クライアントに選んでもらえる人になることが大切になってきます。

どんな要望でも答えられる『デッサン力』。
お仕事を自分で取ってこれる『営業力』。
自分の強みを生かせる市場を見つける『マーケティング力』。
クライアントさんが何度も頼みたくなる『ヒアリング力』。

この3つが、フリーランスになってイラストレーターとして安定して収入を得られたポイントだったと感じます。

ちなみに、『デッサン力』は人体構造学を勉強するのがおすすめです!!

そして、『営業力』『マーケティング力』『ヒアリング力』は、『グロービス』で勉強しました。
コミュニケーショ力、営業、経営力、マーケティングなど、ビジネスに必要なスキルなど、300コース、2,700本の動画から好きな時に勉強できます。

『グロービス学び放題』とは?動画でビジネススキルを磨ける定額制動画学習サービス

グロービス学び放題
『グロービス学び放題』とは?動画でビジネススキルを磨ける定額制動画学習サービス こんにちは。mone(@mone_creator)です。 ビジネススキルを磨くことは、収入アップに直結します。 特に、フリーランスの...

\ まずは10日間の無料体験 /『グロービス』へ

商業イラストレーターになるには

商業イラストレーターになる、モデルケースを紹介します。

モデルケース

  1. クライアントを意識したイラストを描く
  2. ポートフォリオを作る
  3. 意識したクライアントに近い所に営業
  4. リピーターになってもらえるよう、常に全力
  5. 描ける絵の幅を広げて、自分の市場を広げていく

営業の武器になるポートフォリオで大切なことをまとめてあります。
フリーランスのデザイナー向けに書きましたが、イラストレーターにとっても大切なことなので、コチラの記事もぜひ読んでみてください。
フリーランスのポートフォリオは最大の営業道具。ポートフォリオを作るうえで大切なこと

ポートフォリオ
フリーランスのポートフォリオは最大の営業道具。ポートフォリオを作るうえで大切なこと こんにちは。mone(@mone_creator)です。 先日私は自分にきている断っているお仕事を、営業が苦手なクリエイターさんにお力...

画家タイプのイラストレーター(作家ベースのイラストレーター)

次に紹介するのは、作家ベースのイラストレーター(画家タイプ)の紹介をします。

『画家』と聞くと、ゴッホやピカソやモネといった芸術をイメージする人は多いかと思います。
芸術というものを崇高視した結果、「自分は画家ではない」と感じ稼ぎ方を間違える人が多い気がします。

自分の描くイラストの希少価値を上げたい、自分の創作意欲をベースに絵を描きたい……という人は、漏れなく画家タイプです。

商業ベースのイラストレーターとは稼ぎ方が違うので、ちゃんと自覚しましょう。

主な収入源

画家タイプには、クライアントはいません。

あなたの絵でイラストを描いてください
と言われたことで、「私は画家タイプだ!!」という人がいますが、クライアントワークであれば、あなたの絵柄だろうが、そのお仕事は商業イラストです。

では、画家タイプはどうやって、生計を立てているかというと、自分の描いた作品を個展で販売する原画販売や、ネットショップでのグッズ販売です。
他には、パトロンという形もあるかもしれません。

私が使っているネットショップは『BASE(ベイス)』と『STORES.jp(ストアーズ)』を使っています。
この2つの差は手数料の違いがあります。
自分の販売するものの値段で使用するネットショップを決めると、損をすることがなくなります。
詳しくはコチラの記事をご覧ください。
『BASE(ベイス)』と『STORES(ストアーズ)』どっちが良いの!? 向き不向きを解説

オンラインショップ
『BASE(ベイス)』と『STORES(ストアーズ)』どっちが良いの!? 向き不向きを解説 こんにちは。mone(@mone_creator)です。 無料のネットショップサービスがリリースされてから、個人で簡単にネットショップ...

メリット・デメリット

画家タイプのイラストレーター(作家ベースのイラストレーター)のメリット・デメリットです。

 

メリット

  • 希少性が高いため高単価
  • メインビジュアルの仕事が多い
  • ブランディングがし易い
  • 描くものの自由度が高い
  • 売れると有名になれる

デメリット

  • 突出した個性や表現力や技術力が必要
  • 安定しづらい
  • 有名になるまでの道のりが遠い
  • 流行りがあるため継続や維持が難しい

引用元:トラノスケさんnote

画家タイプのイラストレーターになるのに大切なこと

画家タイプで大切なことは、『オリジナリティ』と『ファン』と『覚悟』と『販路』です。
この4つがない限り、画家タイプとして生計を立てるのは難しいです。

『オリジナリティ』がなければ、誰かの模倣という形で相手にされません。
『ファン』がいなければ自分の絵は売れません。

『オリジナリティ』と『ファン』の獲得には、長い時間がかかります……。
長い時間をかけても、手に入れることができる保証がないので、『覚悟』が大切になってきます。

最後の『販路』は、自分の作品を売る場です。
私が使っている『BASE(ベイス)』や『STORES.jp(ストアーズ)』といったネットショップですね。
売る場所がなければ、収入源として成り立ちません。

詳しくはコチラの記事をご覧ください。
『BASE(ベイス)』と『STORES(ストアーズ)』どっちが良いの!? 向き不向きを解説

オンラインショップ
『BASE(ベイス)』と『STORES(ストアーズ)』どっちが良いの!? 向き不向きを解説 こんにちは。mone(@mone_creator)です。 無料のネットショップサービスがリリースされてから、個人で簡単にネットショップ...

ファン・ゴッホは、亡くなってから絵が評価された有名な画家です。
死ぬまでの最期の10年に描いた作品は2000作品以上ありましたが、生前に売れた絵は『赤い葡萄畑』の1枚のみだったと言われています。

自分のことを評価してくれる存在に出会えるかどうかで、画家タイプの稼ぎは変わってきます。
そして、その存在は第三者に委ねられるので、自分で計画の立てようがありません。
早くに出会えるかもしれないし、出会えないかもしれない。
そう言った意味で、『覚悟』がとても大切になってきます。

画家タイプのイラストレーターになるには

画家タイプのイラストレーターになる、モデルケースを紹介します。

モデルケース

  1. 自分の描きたいイラストを描く
  2. SNSやサイト、イベントなどで自分のイラストを知ってもらう
  3. 個展の開催やグッズを作るって販売する

画家タイプのイラストレーターは、クライアントがいないというお話をしましたが、人気が出て直接オファーがもらえれば、本の装丁の絵やパッケージの絵を描くこともあります。
この場合は、画家が商業イラストの仕事をした。という考え方になります。

なので画家タイプはあくまでも、主軸は自分のイラストを買ってもらうことなのを念頭においておいてください

ちなみに、SNSを取り入れる場合、承認欲求オバケにならないよう注意が必要です。
フォロワー=作品へのファンではない場合が多く存在します。
承認欲求オバケになると、稼げないイラストレーターになります。

私が経験した商業・作家イラストレーター

SNSが普及したことで、自分のイラストの発表の場は増え、趣味でイラストを描いていたつもりが、いつの間にかイラストがお仕事に変わった人が増えました。

かく言う私もその1人です。

ファッションイラスト

私のイラストレーターとして最初のお仕事は、時計会社『TIMEX』さんの店舗販促で使うファッションイラストでした。
その後、WEBや本や雑誌のカットイラストや、パッケージのイラスト、コミックエッセイのお仕事をしました。

どれも、クライアントさんがいるので、商業ベースのイラストのお仕事です。

その後、『Yahoo!クリエイターズ』さんでの連載が決まりました。


YahooクリエイターズYahoo!クリエイターズ』は、クライアントワークではありますが、自分の好きなものを自由に、好きなタイミングで更新できるので、特殊なクライアントワークです。
この連載をキッカケに、商業ベースのお仕事を減らし、作家ベースの活動に力を入れていくことができました。

『商業ベース』なのか『作家ベース』なのか……どちらかを選んだらもう一方はやってはいけないという決まりもないし、イラストレーターとして活動していると、
クライアントさんから声がかかれば『商業ベース』のお仕事だってできる。
『商業ベース』のお仕事をしていて、「あなたのイラストのグッズが欲しい」と言われれば『作家ベース』の動き方もできます。

自分が今描いている絵が、どちらのタイプのものか認識すると、本当にやりたい自分の方向性が見えてきます

どちらのタイプなのかわからず悩んでいる人は、まずは動いてみてください。
動かない人のところにチャンスはやってきません。

さいごに

実際に自分が『イラストレーター』になりたいのか、『画家』になりたいのか……ここをハッキリさせると、自分の稼ぎ方がわかってきて迷子にならなくなってきます。

こんな偉そうに文章を書いてきましたが、私自身最初はどちらになりたいのかわかっていませんでした。
ですが、ゆくゆくは

あなたの絵が好きです
と言って作品を買ってくれる人がいる画家タイプのイラストレーターになりたいと漠然と思っていました。

そのためには、もっと自分のイラストを認知してもらわなければいけないし、ファンとして私の描く絵にお金を払ってくれる人が増えなければいけないことはわかっていました。

だからこそ、イラストレーターの仕事と、画家の活動はわけて行ってきました

正直、私は器用です。
なので、どっちも並行して行うことができました。

器用でない人は、1つに絞り伸ばしていくことをおすすめします。
安定してクライアントワークがしたいなら『イラストレーター』に。
自分作ったものを誰かに買ってもらいたいなら『画家』に。

ミュシャがそうだったように、まずは1本、自分の収入の柱を立て切ってしまうと、いろんなことがスムーズになってきます。

私自身も、デザイナーという収入の柱がたっていたからこそ、イラストレーターの仕事に恐怖がありませんでした。

イラストレーターになるには?副業から始めた私の稼げるイラストレーターになるまでの道のり

イラストレーター
イラストレーターになるには?副業から始めた私の稼げるイラストレーターになるまでの道のり こんにちは。mone(@mone_creator)です。 クリエイター・ディレクター・アドバイザーをしています。元々デザイナーとして働...

Twitterでいただいた感想

Twitterでの感想、ありがとうございます。 記事の感想をぜひツイートで教えていただけると喜びます。

– fin –

 

 

ABOUT ME
mone
mone
コンセプトデザイナー|イラストレーター|マーケター|ブロガー 大切な人とのすれ違い生活を解消するためフリーランスに。フリーランス生活2年目になりました。 NikonとFUJIFILM X-T20愛用
YouTubeも更新中!!

YouTubeチャンネルができました!!
チャンネル登録&高評価よろしくお願いします:)

YouTubeへ