お店

ECモールとは?ECモールを使う時のメリット・デメリット

ecモール
mone
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ネットショップを始めようと思ったら『ECモール』ってワードが出てきたんだけど……なに?

ECサイトの構築方法の1つだね!!

ネットショップを開業しようと思い調べていると、ECモールというワードに出会うと思います。

この記事ではECモールとはどんなサービスで、どんなメリット・デメリットがあるか紹介していきます。

この記事はこんな人にオススメ
  • ECモールを知りたい人
  • ECモールのメリット・デメリットが知りたい人

ネットショップの開業から軌道に乗せるまでの全体像を掴みたい人は、こちらの記事をご覧ください。

合わせて読みたい
ネットショップ開業初心者へ!!開業から軌道に乗せるまでのロードマップ
ネットショップ開業初心者へ!!開業から軌道に乗せるまでのロードマップ
スポンサーリンク

ECモールとは

ECモールとは、楽天市場Amazonのような1つの大きなECサイトの中に、多くのショップがそれぞれ出店しているインターネット上のショッピングモールのことです。

ECモールとよく比較されるASPカート(自社ECサイト)とは違い、自分で好きにショップをカスタマイズできないので、個性を出すブランディングの側面では劣りますが、大本が大きい市場になっているので、自身でECサイトを立ち上げるよりも集客力があります。

代表的なECモール

集客が苦手な人でも参入しやすいECモール。

代表的なものには楽天市場Amazonがあります。
他にもハンドメイドに特化したminne(ミンネ)Creema(クリーマ)などがあります。

他にも在庫を抱えずに運営できるSUZURI(スズリ)もあります。

合わせて読みたい
minneとCreemaの違い!!運営してわかった向き・不向きを徹底解説
minneとCreemaの違い!!運営してわかった向き・不向きを徹底解説
合わせて読みたい
SUZURI(スズリ)を実際に使ってみて感じたメリット・デメリット
SUZURI(スズリ)を実際に使ってみて感じたメリット・デメリット

ECモールとは似て非なるASPカート

ECモールと一緒に出てくるワードとして『ASPカート』があります。

ECモールとASPカートは同じECサイトですが、タイプが全然違います。
ECモールが1つの建物にいくつもお店が集まるショッピングモールなのに対し、ASPカートは一軒家の個人店。

一目に触れやすく集客に有利なECモール。
お店のブランディングをしやすくリピーターがつきやすいASPカート。

それぞれ強みが異なります。

ネットショップを開業したい人は、まずECモールとASPカートのどちらの方式を選ぶか決めましょう。

ECモールとASPカートの違い

項目ECモールASPカート
イメージショッピングモール一軒家の個人店
費用
集客×
リピーター
ブランディング
サービス例minneCreema楽天市場などBASESTORESShopifyなど
合わせて読みたい
ASPカートとは?ASPカートを使う時のメリット・デメリット
ASPカートとは?ASPカートを使う時のメリット・デメリット

ECモールのメリット・デメリット

ECモールの概要が掴めたところで、ここからはECモールのメリット・デメリットを紹介していきます。

使いたいサービスが自分に合っているのか見定める材料にしてみてください。

ECモールのメリット

  • ショップ運営で一番難しい集客の恩恵が大きい。
  • 市場が大きいのでブランドを知ってもらうための入り口にも使える。

ECモールのデメリット

  • 手数料が高い。
  • 競争率が高い。
  • お店の個性を出しずらくブランディングが難しい。

ECモールのメリット

まずはECモールのメリットから紹介します。

ECモールのメリット

  • ショップ運営で一番難しい集客の恩恵が大きい。
  • 市場が大きい。

ショップ運営で一番難しい集客の恩恵が大きい

ECモールの最大の利点はなんと言っても集客力。

ショッピングモールに買い物に行く時、目的のお店以外にもたまたま目に入ったお店にフラッと入ってしまうことってありますよね。

それと同じことがECモールではおこります。

自社ECになるASPカートではそうはいきません。
自分で「ここにお店があります!!」と宣伝し、お客さんを集める必要があります。

市場が大きいのでブランドを知ってもらうための入り口にも使える

ECモールはユーザー数が段違い。
認知度が高い日本トップの楽天市場Amazonは、数千万というユーザーがいます。

ユーザー数の比較

項目ユーザー数アプリDL数年間流通額
楽天市場5,104万2,500万5.6兆円
Amazon4,729万7,880万3.2兆円
minne85万人1,411万DL150億円
Creema23万人1,200万DL 160億円

minne(ミンネ)Creema(クリーマ)は、ハンドメイドに特化した専門性の高いモールなので、規模はそこまで大きくありません。

大きくないと言っても数十万。
事業規模の大きくないショップがそこまでのユーザーを獲得することができるでしょうか?

難しいですよね。

そのため、いろんなブランドが楽天市場Amazonに支店として出店しています。

自社ECサイトを持ちながら、集客や認知を増やすためにECモールも一緒に活用しているブランドは多くあります!!

合わせて読みたい
minneとCreemaの違い!!運営してわかった向き・不向きを徹底解説
minneとCreemaの違い!!運営してわかった向き・不向きを徹底解説

ECモールのデメリット

お次はECモールのデメリットを紹介します。

ECモールのデメリット

  • 手数料が高い。
  • 競争率が高い。
  • お店の個性を出しずらくブランディングが難しい。

手数料が高い

ASPカートはネットショップの運営に必要な機能を持つECサイト構築システムの貸し出し。
ECモールは構築システムにプラスして、場所も一緒に貸すサービスなのでASPに比べて費用が高くなります。

ECモールの手数料比較表

項目初期費用月額利用料決済手数料
楽天市場60,000円19,500円〜月間売上高の3.5~7.0%
楽天市場・スタンダード60,000円50,000円〜月間売上高の2.0~4.5%
minne0円0円10.56% ※1
Creema0円0円11% ※2 ※3

※1 送料含む
※2 台湾・香港サイトで売買が成立した場合一取引あたりの42円決済手数料が発生します。
※3 フードの売買が成立した場合15.4%、台湾・香港サイトで売買が成立した場合決済総額の21%。

minne(ミンネ)Creema(クリーマ)は、初期費用や月額利用料がかかりませんが、その分決済手数料が高く設定してあります。

ASPカートのBASE(ベイス)STORES(ストアーズ)の場合、2.9%〜5%なので、倍以上違ってきますね。

既に市場として賑わっている場所を貸してもらえるので、実際諸々かかる価格が高いかと言うとそうでもなく、妥当と言えるでしょう。

合わせて読みたい
ECモールとは?ECモールを使う時のメリット・デメリット
ECモールとは?ECモールを使う時のメリット・デメリット

競争率が高い

ECモールは集客力がありますが、たくさんのお店が1つの場所に集結しているのでどうしても競争率が高くなります。

同じ商品をいろんな店が取り扱っているなんてことはザラです。

そのため、お店のレビューを高い状態に保てるようにしたり、クーポンなどでお得に購入できるようするなどの努力が必要になってきます。

お店の個性を出しずらくブランディングが難しい

ECモールの場合、自分のお店ページの自由度はASPカートに比べて低くなります。

何よりECモールの場合、お客さんはお店を探すというよりは、欲しい商品で探すことが多いため、お店の印象が残りにくくなってしまうんです。

私もそうですが、ECモールである楽天で購入したものは、「楽天で買った」と認識しますよね?「楽天の○○ショップで買った」とは出てきにくいんです。

そのためブランドとしてしっかりお店を構えたい場合は、ASPカートでお店を作るのがオススメです。

合わせて読みたい
ASPカートとは?ASPカートを使う時のメリット・デメリット
ASPカートとは?ASPカートを使う時のメリット・デメリット

さいごに

ECモールで作るネットショップは、集客力がとにかく強い。
そのためASPカートに比べて早く安定した売り上げを目指せます。

ですが、ブランドとして育てるには不十分。

ECモールとは別に、ASPカートの自社ECサイトもしっかり作っておきましょう。
そうするとで、手数料が低い自社ECへの誘導も可能になります。

合わせて読みたい
ネットショップを徹底比較。自分に合ったサービスを選ぶ
ネットショップを徹底比較。自分に合ったサービスを選ぶ
合わせて読みたい
ネットショップ開業初心者へ!!開業から軌道に乗せるまでのロードマップ
ネットショップ開業初心者へ!!開業から軌道に乗せるまでのロードマップ

-fin-

このサイトではFreepikの素材を使っています

スポンサーリンク
ABOUT ME
mone
mone
クリエイター
手帳リフィル作家|nicotto店主|おうち大好き| YouTube『楽しいおうち時間』で手帳や暮らしについて更新中|初書籍の手帳本(重版ありがとうございます‼︎) ➪ http://amzn.to/3tAKbVQ |好き ➪ 漫画・ゲーム・服・美味しいもの
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました