おすすめの映画

人付き合いが面倒くさくなった時に観たい映画『ヴィンセントが教えてくれたこと』

ヴィンセントが教えてくれたこと
▼スポンサーのきたしょーさん きたしょー

こんにちは。mone(@mone_creator)です。

元映画館アルバイターだった私が、オススメ映画を紹介していくコーナー『元・映画館アルバイターのオススメ映画』(そのまんま……)

1本目は、『ヴィンセントが教えてくれたこと』です。

ヴィンセントが教えてくれたこと

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,907
(2018/09/24 07:21:38時点 Amazon調べ-詳細)

作品情報

あらすじ

ビル・マーレイ扮する破天荒なダメオヤジが、12歳の少年との交流を通して生きる力を取り戻していく姿を描いたハートフルコメディ。アルコールとギャンブルを愛する、嫌われ者の偏屈親父ヴィンセントは、隣に引っ越してきたシングルマザーのマギーから、彼女の仕事中に12歳の息子オリバーの面倒を見るよう頼まれてしまう。嫌々ながらも引き受けたヴィンセントは、行きつけのバーや競馬場にオリバーを連れて行き、バーでの注文方法からいじめっ子の鼻のへし折り方まで、ろくでもないことばかりを彼に教え込んでいく。オリバーはそんなヴィンセントと反発しあいながらも、一緒に過ごすうちに彼の隠された優しさや心の傷に気づいていく。マーレイは本作でゴールデングローブ賞主演男優賞(コメディ/ミュージカル部門)にノミネート。オリバーの母親役に「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のメリッサ・マッカーシー。「21グラム」のナオミ・ワッツが妊婦のストリッパー役で出演。

映画.comより引用)

予告編

監督・キャスト

原題St. Vincent
製作年2014年
製作国アメリカ
上映時間102分
監督セオドア・メルフィ
脚本セオドア・メルフィ
キャストビル・マーレイ(ヴィンセント・マッケンナ役)
ジェイデン・リーバハー(オリヴァー・ブロンスタイン役)
メリッサ・マッカーシー(マギー・ブロンスタイン役)
ナオミ・ワッツ(ダカ・パリモヴァ役)
クリス・オダウド(ブラザー・ジェラティ役)
ドナ・ミッチェル(サンディ役)
ダリオ・バロッソ(ロバート・オシンスキー役)

感想

この作品は泣けるコメディです。

 

突然ですが、優しいさってなんなんでしょうね?

辛い時に手を差し伸べて優しい言葉をかけてくれたら優しい人なんでしょうか?
自分を犠牲にして周りのために何かしていたら優しい人なんでしょうか?

私にはわかりません。

でも、ヴィンセントは優しいって思ったんです。
ヴィンセントの優しさはすごく不器用でカッコイイ。

優しさを安売りしない代わりに、本当に大切な人のためだけに自分の優しさを惜しみなく使う。

ヴィンセントは優しさを妻のためだけに使っていた。

人付き合いが面倒になってる人がいたら観てみてください。
泣いて笑って、観終わった後に本当に大切にしたい人の顔が頭に浮かんできます。

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,907
(2018/09/24 07:21:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

mone

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ABOUT ME
mone
mone
準備期間0日でフリーランスになったmoneのフリーランス奮闘記です。 デザインとブログのちょうどいい収入バランスを模索中。 | デザイナー|イラストレーター|ブロガー| iPad芸人|