私のマネタイズ

ネットショップを無料で始めるのにオススメの販売サイト4社をタイプ別に比較!!

マネタイズ

こんにちは。
mone(@mone_creator)です。

以前ネットショップ『SUZURI』の記事を書きました。
圧倒的クリエイター目線のこのサービスは、在庫を抱えずにネットショップを開ける事が最大の魅力でした。

マネタイズ
オンラインショップSUZURI(スズリ)を使ってみて感じたメリット・デメリットこんにちは。 mone(@mone_creator)です。 イラストやデザインをしていると「オリジナルグッズを作りたい欲」ってわ...

在庫を抱えなくて済む分商品の料金が割高になる、いつの間にか売れていてあまりお店を開いている感覚になれずにいたので別のネットショップを試してみる事にしました。

いざ他のサービスを調べてみてもどれも似たり寄ったりで、どこのサービスが自分に合っているのか比較できずに苦労したので、この記事を読めば自分に合ったネットショップがわかるようにまとめてみました。

ハンドメイド販売サイト4社一覧

pon
pon
ネットショップってそんな簡単に開けるの?
mone
mone
登録すればスグに始められるんだよ〜
pon
pon
じゃあ、とっとと始めれば?
mone
mone
とっとと始めたいんだけどさ、意外と考える事多くて今悩んでるの!!

 

ネットショップを始める時にまず考えるのは『モール型』か『カート型』です。

モール型オンラインストア

1つの場所にいろんなお店が集まったネット上のショッピングモールです。自分で集客が不要な点がメリットですが、モール内での競争率は高いです。
『Amazon』や『楽天市場』がモール型の代表格です。

カート型オンラインストア

自分で売りたい商品を選んでオリジナルのお店を作るサービスです。一番の問題点は集客と言えますが、お店を育てていく楽しみはあります。
『BASE』や『STORES.jp』がカート型の代表格です。

私は自分のお店をまず作りたかったので、『カート型』を選びました。

候補にあがったのは、BASE・STORES.jp・minne・Creemaでした。
この4社を今回ピックアップしてまとめていきます。

※まとめている情報は2019年2月現在のものです。最新の情報はそれぞれのサイトをご確認ください。

BASE
初期費用・月額料金無料
販売手数料注文ごとの合計金額(商品代金+送料)から
BASEかんたん決済手数料3.6% + 40円 + サービス利用料3%
が差し引かれます。
振込手数料振込手数料は一律250円。
振込申請額が2万円未満の場合は500円の事務手数料がかかる。
登録アイテム数上限なし
デジタルデータ販売対応
利用者数 60万人(2019.02現在)

BASE公式ページへ

 

STORES.jp
『STORES.jp』の魅力は決算方法の多さがあげられます。
クレジットやコンビニ支払いの他に代金引換・楽天Pay・AmazonPay・Paypalと、支払う側のニーズが多いのは購入までの離脱率が下がるので嬉しいポイントです。
また、1商品の登録画像枚数が15枚と豊富で、使用シーンやディテールなどを詳しく載せたい商品を取り扱う場合は『STORES.jp』がオススメです。
初期費用・月額料金フリープラン(無料)/プレミアムプラン(月額980円)
販売手数料購入された代金(商品代金+送料)の5%
振込手数料振込申請額が2万円未満の場合は250円の振込手数料がかかる。
登録アイテム数フリープランの場合は5商品まで。プレミアムプランは無制限。
デジタルデータ販売対応
利用者数70万人

STORES.jp公式ページへ

 

minne(ミンネ)
『minne』は国内最大級のハンドメイドマーケットです。既製品NGなのでここでしか手に入らないものと出会えます。

『ハンドメイドマーケット』というminne主催のオフラインイベントが定期的に開催されてます。minneのアトリエや作家さんを特集したminneの本も面白い試みです。
ハンドメイドアプリの中でも決済手段の多さはminneの特徴の1つです。

初期費用・月額料金無料
販売手数料商品価格の10%
振込手数料172円
登録アイテム数上限なし
デジタルデータ販売未対応
利用者数 47万人

minne公式ページへ

Creema(クリーマ)
creema

『Creema』は利用者数が13万人と他と比べて少々少ないですが、新宿ルミネに常設店舗があり、オフラインでの活動にも活かせるキッカケがあります。
また、海外への販売ができるという点で、他のハンドメイド販売サイトとは違った強みがあります。ハンドメイド業界でも日本製の人気は高いので、海外進出を目指す方はCreemaはオススメです。

初期費用・月額料金無料
販売手数料売上によって変動。商品価格の8〜12%
※前3ヶ月の売上が9万円以上〜21万円未満:商品価格の9.5%(税別)
※前3ヶ月の売上が21万円以上:商品価格の8%(税別)
振込手数料振込申請額が3万円未満の場合は172円、3万円以上の場合270円。
※ジャパンネット銀行の場合一律54円
登録アイテム数上限なし
デジタルデータ販売未対応
利用者数 13万人

Creema公式ページへ

 

ハンドメイド販売サイトを項目ごとに徹底比較

pon
pon
せっかく販売サイト紹介してくれたけどさ、あんまり差がないって思っちゃったのは僕だけかな?
mone
mone
私も正直どこで始めても一緒かな?って思った。
でもそれじゃあせっかく調べてる意味がないから、「こんな人はこのサービスがおすすめ」って紹介していこうと思う!!
pon
pon
それいいね!!

ハンドメイド販売サイトをじっくり調べて感じたのは、どのサービスもあまり差がなく基本的にどこでお店を開いたとしてもあまり差が出ないように感じました。

では、ハンドメイド販売サイトを選ぶ時、どんな事が悩みのポイントになっているのでしょうか?
実際私が気になったポイントをあげて比較して行こうと思います。

ハンドメイド販売サイトを選ぶ時のポイント

  • 初期費用が低いオススメのサービスは?
  • 販売手数料が一番安い所はどこ?
  • 決算方法の種類は?

 

初期費用を抑えたい人には『BASE』がオススメ

無料でほとんどの機能が使える点で『BASE』はオススメです。
『STORES.jp』さんの場合、無料で登録できる商品数は5点まで(月額の有料登録をすれば無制限)なのに対して、BASEは無料会員の状態で上限なしで商品登録できます。

そしてSUZURIさん同様、自分で在庫を持たずに商品を販売できるサービス『pixiv FACTORY』も無料で利用できます。

pixiv factory

引用:https://factory.pixiv.net/

初期費用を抑えてネットショップを始めたい方はBASEをオススメします。

BASE
初期費用・月額料金無料
販売手数料注文ごとの合計金額(商品代金+送料)から
BASEかんたん決済手数料3.6% + 40円 + サービス利用料3%
が差し引かれます。
振込手数料振込手数料は一律250円。
振込申請額が2万円未満の場合は500円の事務手数料がかかる。
登録アイテム数上限なし
デジタルデータ販売対応
利用者数 60万人(2019.02現在)

BASE公式ページへ

 

 

手数料を安く抑えたい人にオススメのサービスは『STORES.jp』

手数料を気にする方は多いかと思います。
だけど、一覧で見たところで何が一番安いのか全然わからない。という事で、商品を1000円、送料500円で販売した場合の手数料を出してみました。

BASE注文ごとの合計金額(商品代金+送料)から
BASEかんたん決済手数料(3.6% + 40円 )+ サービス利用料3%
が差し引かれます。
STORES.jp購入された代金(商品代金+送料)の5%
minne商品価格の10%
Creema売上によって変動。商品価格の8〜12%
※前3ヶ月の売上が9万円以上〜21万円未満:商品価格の9.5%(税別)
※前3ヶ月の売上が21万円以上:商品価格の8%(税別)


BASEは139円

1500円×3.6%+40円=54円+40円=94円
サービス利用料=45円

STORES.jpは75円
1500円×5.0%=75円

minneは150円
1500円×10.0%=150円

Creemaは120〜180円
1500円×(8.0〜12.0%)=120〜180円

STORES.jp
『STORES.jp』の魅力は決算方法の多さがあげられます。
クレジットやコンビニ支払いの他に代金引換・楽天Pay・AmazonPay・Paypalと、支払う側のニーズが多いのは購入までの離脱率が下がるので嬉しいポイントです。
また、1商品の登録画像枚数が15枚と豊富で、使用シーンやディテールなどを詳しく載せたい商品を取り扱う場合は『STORES.jp』がオススメです。
初期費用・月額料金フリープラン(無料)/プレミアムプラン(月額980円)
販売手数料購入された代金(商品代金+送料)の5%
振込手数料振込申請額が2万円未満の場合は250円の振込手数料がかかる。
登録アイテム数フリープランの場合は5商品まで。プレミアムプランは無制限。
デジタルデータ販売対応
利用者数70万人

STORES.jp公式ページへ

 

決算方法の多いサービスを選びたい人は『STORES.jp』

購入者の希望の決算方法を取り扱っていないお店は離脱率が下がります。
なので、決算方法を意識される方も多いかと思います。

どのサービスも銀行振込やクレジットやコンビニ支払いはあっても代金引換までは対応していないものが多いです。

BASEクレジットカード・銀行振込・コンビニ払い・後払い・auかんたん決済・ドコモ払い・ソフトバンクまとめて支払い・Pay-easy
STORES.jpクレジットカード・銀行振込・コンビニ払い・翌月後払い・Paypal・auかんたん決済・ドコモ払い・ソフトバンクまとめて支払い・楽天Pay・Amazon Pay・代金引換
minneクレジットカード・銀行振込・コンビニ払い・ゆうちょ振替・後払い決済・auかんたん決済・ドコモ払い・ソフトバンクまとめて支払い・ApplePay・GooglePay
Creemaクレジットカード・銀行振込・コンビニ払い・auかんたん決済・dケータイ払いプラス(ドコモ)・ソフトバンクまとめて支払い・Google pay

決算方法の多いサービスを選びたい方は『STORES.jp』をオススメします。

STORES.jp
『STORES.jp』の魅力は決算方法の多さがあげられます。
クレジットやコンビニ支払いの他に代金引換・楽天Pay・AmazonPay・Paypalと、支払う側のニーズが多いのは購入までの離脱率が下がるので嬉しいポイントです。
また、1商品の登録画像枚数が15枚と豊富で、使用シーンやディテールなどを詳しく載せたい商品を取り扱う場合は『STORES.jp』がオススメです。
初期費用・月額料金フリープラン(無料)/プレミアムプラン(月額980円)
販売手数料購入された代金(商品代金+送料)の5%
振込手数料振込申請額が2万円未満の場合は250円の振込手数料がかかる。
登録アイテム数フリープランの場合は5商品まで。プレミアムプランは無制限。
デジタルデータ販売対応
利用者数70万人

STORES.jp公式ページへ

 

日本だけじゃなく海外での販売も視野に入れたい人は『Creema』

海外での販売に必要な条件は、海外からの決済ができる機能が備わっている事がが重要です。

ですので今回紹介したサービスの中で海外対応ができるのは、海外決済にも対応しているPayPalの決済方法が用意されている『STORES.jp』もしくは、『Creema』です。

『Creema』は台湾版のサイトがあり、台湾現地でのイベントも行っているので海外での販売に関しては紹介した4社の中で1番海外向けと言えます。

海外での販売も視野に入れたい人は『Creema』をオススメします。

Creema(クリーマ)
creema

『Creema』は利用者数が13万人と他と比べて少々少ないですが、新宿ルミネに常設店舗があり、オフラインでの活動にも活かせるキッカケがあります。
また、海外への販売ができるという点で、他のハンドメイド販売サイトとは違った強みがあります。ハンドメイド業界でも日本製の人気は高いので、海外進出を目指す方はCreemaはオススメです。

初期費用・月額料金無料
販売手数料売上によって変動。商品価格の8〜12%
※前3ヶ月の売上が9万円以上〜21万円未満:商品価格の9.5%(税別)
※前3ヶ月の売上が21万円以上:商品価格の8%(税別)
振込手数料振込申請額が3万円未満の場合は172円、3万円以上の場合270円。
※ジャパンネット銀行の場合一律54円
登録アイテム数上限なし
デジタルデータ販売未対応
利用者数 13万人

Creema公式ページへ

 

さいごに

mone
mone
自分のお店を持つってなんか夢だったんだよね
pon
pon
自分のお店をこんな簡単に作れるってすごいね〜
そういえばもねは結局どのサービスを使う事にしたの?
mone
mone
本当に便利な世の中になったよね!!
初期費用を抑えたいのと、デジタルデータの販売をしたいと思ったから『BASE』にしたよ!!
pon
pon
自分のオンラインストアで作品が売れてちゃんとした収入の柱になるといいね〜!!
mone
mone
集客についても考えなきゃだけど、1歩ずつ頑張ってみる!!

 

– fin –

ABOUT ME
mone
mone
コンセプトデザイナー|イラストレーター|マーケター|ブロガー 大切な人とのすれ違い生活を解消するため社畜から卒業。フリーランス生活2年目になりました。 NikonとFUJIFILM X-T20愛用
LINE@への登録はコチラ

LINE@では
耳寄り情報や友達限定のお得情報も発信していきます

LINE@LINE@で友達追加

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください