フリーランス奮闘記

会計ソフトはクラウド型ソフト!! 経理初心者にこそクラウド型ソフトをオススメする理由

確定申告

こんにちは。
mone(@mone_creator)です。

年が明けて『確定申告』という言葉がチラホラ聞こえ始めました。

私は今年が初めての確定申告です。
そんな私はクラウド型ソフト『マネーフォワード』を選びました。

今回クラウド型ソフトを選んだオススメポイントを記事にしました。

『インストール型ソフト』と『クラウド型ソフト』のどちらにしようか悩んでいる方、どのソフトを使うか悩んでいる方に向けて書いています。

この記事でわかること

  • 『インストール型ソフト』と『クラウド型ソフト』のそれぞれのメリットデメリット
  • 『クラウド型ソフト』をオススメする理由
  • オススメの『クラウド型ソフト』3選

『インストール型ソフト』と『クラウド型ソフト』のメリット・デメリット

mone
mone
確定申告……。言葉を聞いただけで気が重くなるよ。
pon
pon
やらなきゃ脱税だもんね〜!!避けては通れません〜
mone
mone
わかってるよ〜!!
来年……いや、再来年?にはお金稼いで税理士さんに頼むんだ!!それまで自分で頑張る!!
pon
pon
頑張れ〜
もねは『インストール型ソフト』と『クラウド型ソフト』どっちにするの?
mone
mone
『インストール型ソフト』?『クラウド型ソフト』?
pon
pon
(大丈夫かな……?)

会計ソフトには『インストール型ソフト』と『クラウド型ソフト』があります。
2つのソフトは裏と面のような関係です。

『インストール型ソフト』のメリットは『クラウド型ソフト』のデメリットでもあり、『クラウド型ソフト』のメリットは『インストール型ソフト』のデメリットでもあるります。

ですので、どちらが自分に合っているのか見極めて使いましょう。

インストール型ソフト

インストール型ソフトは、CD-ROMを買ってパソコンにインストールしたり、ダウンロードを行って使うタイプの物です。

代表的な物に『やよいの青色申告』などがあります。

 

『インストール型ソフト』のメリット・デメリット

会計ソフト『インストール型ソフト』のメリット

  • オフラインでも使える
  • ネット環境に左右されないので操作が軽い
  • 電話サポートがクラウド型ソフトに比べて安い
  • 長年使われて来たものなので安定している

『インストール型ソフト』のデメリット

  • 税率が変わる度にバージョンアップが必要
  • パソコンを替えた時に移行が面倒
  • バックアップを取らなければいけない
  • 簿記知識がないと使いにくくわかりにくい

 

クラウド型ソフト

クラウド型ソフトはインストール型ソフトと違い、パソコンへのインストールは必要ありません。
ネットからログインして使うタイプの物です。

『クラウド型ソフト』のメリット・デメリット

会計ソフト『クラウド型ソフト』のメリット

  • 口座やカードの自動連携ができ効率化ができる
  • 複数人で経理のデータが共有できる

 

『クラウド型ソフト』のデメリット

  • 買い切りではないのでランニングコストがかかる
  • ネット環境に左右されるので操作が重い時がある

 

クラウド型ソフトをオススメする3つの理由

pon
pon
もねは『インストール型ソフト』?『クラウド型ソフト』、どっちにしたの?
mone
mone
『クラウド型ソフト』にしました!!!
pon
pon
どうして『クラウド型ソフト』にしたの〜?
mone
mone
経理初心者だから複雑な機能があっても使いこなせないのと、決め手は自動仕分け機能かな〜!!
カードや口座が紐付けできるの良いな〜って思ったんだよね

私が選んだのはクラウド型ソフトです。
簿記や会計の知識に不安があるので、マウスでポチポチ仕分けしていく『クラウド型ソフト』は経理初心者にオススメです。

経理初心者にも優しいシンプルな構造

今までお仕事はデザイン一筋!!
会計の知識なんて、私の頭の中に微塵もありません。フリーランスになって改めて「経理も自分でやらなきゃいけないのか……」と落胆してます。

そんな時に出会ったのが「簿記知識がない人でも使いやすいように」と開発された『マネーフォワード』。

早速登録して試していますが、とにかくわかりやすい。
打ち込みというより、マウスで選択していくのでシンプルで使いやすいです。

ヘルプ機能やサポート機能も充実しています。

マネーフォワードこちらの画像は『マネーフォワード』のものですが、仕訳から確定申告までの動線がチェックリストになっているので経理初心者にぴったりです!!

自動読込みで作業時間の短縮が可能

銀行口座や、クレジットカードの明細を取り込む事ができるので、入力の手間が少なくなり時短になります。

銀行やカードの他にも『電子マネー』『サービス』『通販』などがあり、連携できるものがたくさんあります。

税率が変わっても買い換える心配がない

『インストール型ソフト』と違い、ネット上でサービスにアクセスする『クラウド型ソフト』は、常に最新の状態でサービスを利用できます。

税率が上がっていく昨今、常に最新の状態で使えるのは安心です。

少し不便な点は定期的に行われるサーバーメンテンスです。
メンテナンスの日時を知っていれば自分の予定をずらすだけなので不便と言える程ではないんですがね。

オススメのクラウド型ソフト3選

専門家も勧める『マネーフォーワード』
私が購入したのは『マネーフォワード』さん。

実はフリーランス税本を書かれた、税理士の大河内さん(@k_art_u)もこちらのソフトをオススメしています。
実際に触ってみて、ガイダンスが丁寧で直感的に操作できるので初心者でも帳簿付けができました。

価格(ベーシックプラン)月額プラン:1,280円/月(年額プラン:980円/月)
価格
使いやすさ

マネーフォワードの公式ページへ

 

 

『会計ソフトfreee』
freeeさんでは、開業届を出した時に使ってみた事がありますが、デザインがシンプルで使いやすいです。

freeeの料金プランは注意が必要で、スタータープランは、消費税申告書に未対応なので課税事業者となる個人事業主は、スタンダードプラン(1,980円/月)が必須です。
freeeは申告書類の作成に優れています。
法人経営者に特にオススメ!!

価格(スタータープラン)月額プラン:1,980円/月
価格
使いやすさ

会計ソフトfreeeの公式ページへ

 

老舗の『弥生の青色申告オンライン』
インストール型ソフトでもお馴染みの『弥生』。
無料でお試しできるという事で、こちらも試してみました。
初年度の利用は無料なので、まずは帳簿の付け方の練習としてお試しで触ってみるのをオススメします。
少し動作が遅かったのが気になりどころです。
白色申告の場合、ずっと0円です。
価格(セルフプラン)初年時無料(次年度は8,000円/年)
価格
使いやすさ

弥生の公式ページへ

 

さいごに

私が『マネーフォワード』にした理由は、オススメのクラウド型ソフトでもお話しましたが税理士の大河内さんの著書『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! 』を読んだのが決め手でした。

その道のプロのオススメなので迷いなく決めました。

初めての確定申告は不安だらけではありますが、今年は『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! 』を携えて挑みます!!

– fin –

ABOUT ME
mone
mone
コンセプトデザイナー|イラストレーター|マーケター|ブロガー 大切な人とのすれ違い生活を解消するため社畜から卒業。フリーランス生活2年目になりました。 NikonとFUJIFILM X-T20愛用
フリーランスの困ったを解決!!

好きと仕事を繋げる鍵になった『優しい動線』
フリーランスの困ったを集めたnoteをnoteでまとめています

note公式サイトへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください